禁煙を強力にサポートするためのオススメサイト

 

タバコを吸う理由の中でも述べた通り、タバコは習慣ではなく、ニコチン中毒という麻薬中毒です。

 

喫煙者は麻薬中毒患者です。これをしっかりと自分で認識しておく必要があります。「いや自分は中毒ではない」と思っていても、タバコを毎日吸って手放せないのであれば、中毒患者だと認めなければなりません。

 

覚醒剤やコカインの中毒患者をテレビで見たことがあると思いますが、捕まっても結局何度も同じ繰り返しをしています。中毒患者というのはやめたくてもやめられないのです。

 

麻薬中毒患者は麻薬を体内に取り入れて快感を得たり幻覚症状を起こしたりしますが、麻薬が切れるとたちまち禁断症状というパニックを起こし、その麻薬がないと居ても立っても居られなくなり、なんとかその薬を再び体内に取り入れようとします。

 

実はニコチン中毒患者もこれと全く同じです。ニコチンという有毒物質を体内に取り入れることによって、一瞬身体が軽くなったような、すっきりしたような感覚(これも完全に幻想でニコチン中毒患者特有のもの)になりますが、ニコチンが体内から徐々になくなっていくと、身体がニコチンを求めてタバコに再び火を付けさせるのです。

 

 

やっていることは麻薬中毒患者と何ら変わりません。合法か非合法かの違いだけであって、むしろ死亡率の危険度でいえばタバコの方がよっぽど禁止にすべきです。

 

一度タバコを吸って体内にニコチンを取り入れて、その後身体からニコチンが出て行くのが約30分程度と言われていますから、約30分ごとに身体がニコチンを求めてタバコに火を付ける、という繰り返しです。習慣ではないのです。

 

朝起きてすぐにタバコを吸いたくなるのは、習慣ではなく、睡眠中長い間ニコチンがなくなった状態だったので、身体が無性にニコチンを求めているというわけです。

 

タバコをやめるということは、このニコチンへの依存をやめることに他なりません。

 

ニコチンへの依存を断ち切ると聞くと、エベレストに登るくらいの気持ちになってしまう人もいるようですが、全然そんなことはなく、短い橋を渡るくらい簡単なことなんです。誰でも簡単に依存を断ち切ることができます。

 

 

苦しまずに禁煙成功するには