禁煙を強力にサポートするためのオススメサイト

ストレスがなくなる

 

喫煙者がタバコを吸う理由の一つに、よくストレスがたまるから、というのを聞きます。

 

職場や人間関係、その他様々な場面で強烈なストレスを感じるとタバコが吸いたくなるということです。

 

これも喫煙者が誤解している事実であって、そこで感じているのは職場や人間関係のストレスではなく、タバコのニコチン物質が体内からなくなったことによる、ニコチンからの、早く火を付けろ、というメッセージにほかなりません。

 

そこでタバコに火を付けて、ニコチンを体内に吸収することによって、「一時的に」気が紛れたような「感じ」がするだけです。

 

また時間が経てば、すぐに体からニコチンがなくなり、早く火を付けろ、というメッセージがニコチンから送られてくるわけです。

 

これが喫煙者が勘違いしているストレスの正体です。

 

 

職場や人間関係におけるストレスとはもっと別の次元にあります。

 

決してタバコで解決できるものではありません。

 

ただでさえ普通のストレスがあるのに、更にタバコによる(勘違いの)ストレスを増やして一体どうしようというのでしょう。

 

たばこをやめることによって、少なくともこのニコチンからの絶え間ない要求(ストレス)はなくなります。

 

それによって、本当に社会で生き抜いていくパワーが得られるのは確実です。

 

タバコのストレスからはもう解放されたのですから、あとは自信を持って生活していけばいいのです。

 

 

苦しまずに禁煙成功するには